浸潤性乳管癌と診断されて 1

「癌は誰でもなるもの!でも、自分がまさかなるとは思ってないのが癌!」


癌になると検査がたくさんあって治療方針が決まるのに軽く1か月を要する。

その間、自分なりにSNSで必死に調べ不安を増大させていく人がほとんどなのではないか?

医者は結果が出ないと明確には答えられない。先生によって何となく仮定では説明してはくれるが。

これからの生活の不安、仕事や収入、病院代、体の変化…乳癌となると胸の切除…

私の場合は、生まれてきて癌になることは決まっていたのかもしれない。

癌となればショックでもあり落ち込み、悩み、泣き明かす。

以前の私ならば陥っていたかもしれない。

でも、私の場合は、癌になるにあたってのサポートが素晴らしく、そのすごさに感動さえ覚えたのです。

もちろんショックはありましたが思っていた以上に前向きでいられることに感謝しています。

これから癌になってしまう方の参考に、また、自分の記録としていこうかと思います。


陽菜祀~hinamaturi~

帯や着物のリメイク品、障子のbookカバー、行灯など和をテーマに販売をしています。 奇数月には「魔法探偵団」を開催しています。 ドックフード(アーガイルディッシュ)の予約販売もしています。  ~現在、病気の治療の為、休業中です~

0コメント

  • 1000 / 1000